こんにちは スタッフのかとうです。

今回も、洗い出しコンクリートの作業現場のご紹介です。

 

前回、

20150725 (96)

生コンクリートを入れてコテで仕上げるところまでご紹介しました。

今日は、その続きからです。

 

20150725 (98)

薬剤散布用の噴射機の中に、硬化遅延剤を入れてスタンバイ。

レバーを上下に動かし圧力をかけ

 

20150725 (99)

表面を仕上げたコンクリートの上に、散布していきます。

表面にまんべんなく薬剤が散布できたら

 

20150725 (101)

ビニールシートを敷き

 

20150725 (118) 20150725 (119)

さらに、その上に毛布を敷いて養生。

こうすることで、薬剤が乾燥せずにしっかりとコンクリートの表面に浸透することができるんです。

 

アプローチ部分も同様に、薬剤散布と養生の作業が進んでいき

20150725 (120) 20150725 (123)

 

すべての洗い出しコンクリート部分の薬剤散布と養生ができました。

20150725 (131) 20150725 (132)

このまま一晩寝かせて、次の日の朝「洗い出し」の作業に入ります。

 

コンクリート表面に硬化遅延剤を散布する理由は、

コンクリート表面の硬化を遅くし、表面のコンクリートを洗い流して中の砂利を出すためです。

 

 

ミキサー車が到着してから養生終了まで、約2時間15分。

見学しているだけでも暑さに負けてしまいそうな中、

てきぱきと作業をされるゆうきさんと徳松さんはすごい!!っとあらためて思いました^^

 

次回、「洗い出し」作業の様子をご紹介します。

 

 

 

楓林庭 岐阜県多治見市 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 多治見情報へ にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
楓林庭のHPはこちら にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村