こんにちは スタッフのかとうです。

今日は、前回の続きをご紹介します!

 

前回は、

外構工事初日 外構工事初日

建物の基礎にチョークラインを付けたところまでご紹介しました。

 

ちなみにこのライン、何のためのラインだと思いますか?

 

答えは、外構完成時の「仕上がりライン」です。

 

なので、このラインで仕上がるように

デコボコしている地面の高さを調節していきます。

 

写真に写っている「クワ」や「スコップ」を使用して、

外構工事初日 外構工事初日 外構工事初日

ラインを基準として、ラインより5センチほど下の高さに

地面を均していきます。

何故ラインよりも5センチほど下の高さに均すかというと…

理由は、後日この場所に「防草シート」上に「砂利」を敷くからです。(砂利の高さが5センチなんです!)

 

建物の裏側部分にさしかかると、

外構工事初日

そこには大きな白い石が!!

この石は、「色も形もいいね^^」っと独り言のように社長がつぶやいてました。

この石がどうなるか、楽しみですね~^^

 

建物の道路側は、手作業ではなく重機を使用して

すこし深く掘るとの事。(その理由は、今度ご紹介します!)

 

アプローチや駐車スペースになる場所も、重機を使用して

こちらは少し土を削ります。

その作業の様子です。

雨水の配管部分は、慎重に作業されてる様子が伝わってきますね♪♪

 

この作業の後、社長と共に現場を離れてある場所に向かいました。

その様子は、次回ご紹介します!

 

前回までのブログはこちらです。

「工事前の様子」と「工事の準備」(外構工事初日)

 

楓林庭 岐阜県多治見市 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 多治見情報へ にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
楓林庭のHPはこちら にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村