こんにちは スタッフのかとうです。

前回、ここはどこ?多治見??日本???

砕石場 砕石場

っと思ってしまう^^ような景色が広がる「砕石場」へ

ダンプの荷台いっぱいの「山砂」を取りにいったところまでご紹介しました。

砕石場

今回は、「山砂」入りのダンプで現場に戻ってからの様子をご紹介します!

 

ダンプで現場に到着するとすぐに、

山砂搬入

社長はユンボに乗り換え

 

山砂搬入

玄関ポーチ横の道路側へ配置。

 

ユンボを降りると、すぐにまたダンプに乗り込み

山砂搬入

ユンボのすぐ後ろまでバックして停車。

 

またまたユンボに乗り換えて、作業スタート。

動画で撮影してみました!!

いかがですか?

ユンボとダンプ、そして一輪車の配置が、絶妙ですよね♪♪(一輪車がいつの間にかセットされてました!)

しかも作業効率を上げるために、2杯目の山砂を準備してユンボを降りられるあたり 流石です!社長。

 

出来ることならユンボで山砂を入れたいところですが

残念ながらユンボが入るスペースがないので…。

ここからは山砂の「一輪車リレー」です♪(一輪車、1台しかないですが^^)

 

一輪車が通る動線をチェック。

山砂搬入

 

ユンボと一輪車で、

ダンプから効率よく現場に山砂を入れていきます!

 

山砂搬入 山砂搬入

私も、社長が一輪車で運んだ「山砂」をスコップを用いて均等に広げて

足で山砂を踏み固めるお手伝いをしました!

 

前々回、重機で深く掘った建物の道路側は

山砂搬入

他の場所よりも深く掘ってある分、山砂が沢山入ります!!

この道路側は、ユンボのショベルが届くので

ダンプからダイレクトに山砂を入れることが出来ました♪♪

 

砕石場から戻って作業を続けること約1時間。

山砂搬入 山砂搬入

本日の作業、終了です!

 

山砂が入る前の現場と比べると

外構工事初日 山砂搬入

山砂は入っただけで少し、高級感が感じられますよね♪♪

 

以上、外構工事初日のご紹介でした^^

 

前回までのブログはこちらです。

・「工事前の様子」と「工事の準備」(外構工事初日)

・手作業と重機を使用しての高さ調整!(外構工事初日)

・ここは多治見?初めての砕石場♪♪

 

楓林庭 岐阜県多治見市 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 多治見情報へ にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
楓林庭のHPはこちら にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村