こんばんは、ゆうきです。

今年の仕事初めから、あっという間に

1週間半ほど、すぎていました。

さて、この10日ほどで、SZ様邸の作業は色々進めましたよ。

皆手分けして、現場を進めていますので、

人手がいる作業の時は集まったり、もくもくと1人作業を

進めたりと進めています。

そんな今回の工事内容は、実用面を重視した工事が多いですね・・・

まずは、広い裏のお庭部分。

整地をしまして、砂利入れです。

量もかなりありますので、仕入れや運搬だけでも1日では無理なほどでした。

そんなお庭には、横長の大きな花壇も作りました。

材料は、門壁と同じ黒系のKCBです。

土も、とても良い感じの畑土!

シンプルですが、こんな感じで↓後はフェンスと物置を作り裏は完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真右側のブロックが、物置の基礎です。

こちらも、今日3時頃からくみ上げ初めまして、

こんな感じで、作って行きます・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

傷などをつけない様に気は遣いますが、

大きなプラモデル的な感覚で、

こういった作業は、たまにやると面白く夢中になってしまいますね。

この後、物置も完成したんですが、暗くて写真は撮れなかったので、

またと言う事でゴメンナサイ(汗)

さてさて、こんな感じで裏も進めつつ、表の作業も進めて行きました。

最初に取り掛かったのは、土止めブロックと、門壁でしたね・・・

積みあがった感じは、こんなんです↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがの、2世帯!

当たり前ですが、インターホン&ポストも2個つづ!

2世帯2人の奥様も内容や配置と確認を取りながらの作業です。

この門壁、この時点では見てのとうり高さがありすぎますよね!?

11段ですので・・・・

しかし、道路や、建物、隣地との高低差を考えますと、

高低差の緩和や強度、見た目と考えて、こんな感じに・・・・

っと言いましても、3段ほどは結局埋まってしまいますので、

意味が無いように思いますが、ケチらず最善の作業です。

ちなみにこの余分な埋まる部分はお客様に負担はかけていませんのでネ。

あくまでも、職人としての気持ちです。

やるからには・・・ってやつですよね。

さて、そんな表も、漉き取り&整地、砂利入れと進み、

土間部分は、型枠&メッシュと進め、

今日、朝から、3分の2の面積を生コン打ち込みしました。

こちらは、型枠作業中の写真です↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

門壁も、気が付けば一般的な高さになっていますよね(笑)

今回は、土間の角度もきついので、滑らない用に、

刷毛引き仕上げで提案させていただきました。

現状、寒さで凍てつく事を防ぐため、養生をしてありますので、

こちらの完成も物置と一緒に、後日また

紹介させていただこうと思っていますので、

またのお楽しみという事で・・・(^^ゞ

これで、SZ様邸の工事も、後半戦に入りあと少しで完成と思いますが、

最後まで、気をぬかず、仕上げて行こうと思いますので、

ヨロシクお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楓林庭 岐阜県多治見市 楓林庭のHPはこちら にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 多治見情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
にほんブログ村