18 5月 2015

おはようございます かとうです。

 

今日は、外構工事をご依頼いただきました多治見市のお客様邸で

土間コンクリート施工を行っている作業現場をご紹介します。

 

実は私、土間コンクリート施工の作業中の現場を訪れるのは初めてなんです。

どのように作業が進められていくのか、わくわくしながら見てきました。

 

現場に到着すると、

1 2

大きなミキサー車とそのミキサー車から

徳松さんが生コン(生コンクリート)を一輪車で受け取っている姿を発見♪

 

一輪車の中の生コンがいっぱいになると

3

土間コンクリートを打つ場所まで移動。

 

4

土間コンクリートを打つ場所には予め、木製の木枠と

木枠の中には一定の間隔で両サイドにサイコロの形の石と

土間コンクリートの強度を上げるためワイヤーメッシュが入れてあります。

 

5   6

木枠の中に生コンを流し入れ、

時折ワイヤーメッシュを地面から浮かせてサイコロの石の上に置きながら

コテで生コンを均等に広げていきます。

 

7

生コンが乾いたら木枠を外して、土間コンクリートの完成です。

今回はお客様のご希望で、刷毛引き仕上げとなっています。

 

作業過程を見ていくと、いつも以上に土間コンクリートに愛着が湧きました♥

 

 

 

楓林庭 岐阜県多治見市 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 多治見情報へ にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
楓林庭のHPはこちら にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村