こんにちは、ゆうきです。

皆さん、お久しぶりですね(^^)/

最近もおかげさまで、忙しく色々な工事を進めさせていただいています。

さて、そんな最近チョット面白い相談がありまして、これから紹介して行けたらと思っています。

その内容は、市内のある中学校の先生から

7年前に作られてそのまま荒れ果ててしまったビオトープを

生徒さんの手で、もう一度出来上がった当初のように復元させたい・・・

と言った内容の、お話でした。

ビオトープと言いますと、最近では皆さんも、少々は、目や耳にする機会も増えているのでは

無いでしょうか?

ビオトープと言いますと、もともと環境保全や、野生生物保護などを

目的として、大小さまざまですが人工的に作られた小川や池といった生物が好む自然環境

などを再現した物が一般的ですかね~

手が届く場所や、目で見て観察出来る点では、

とても僕も興味が多くあるものです。

このような環境や景色をお庭に取り込んでみるのもgood(^^♪

だと思いますね・・・

おっと、話が順番に脱線してきましたので、本題にもどります。

 

さてさて、今回のビオトープをよみがえらせるプロジェクトですが、何しろ!!

予算無・材料等現状では無し・知識無!(◎o◎)

っと言ったわけでして、まずは現状を見せていただき、アドバイスをさせていただく事になりました。

securedownload[2]

現状はこんな感じでした↑↑↑

写真が相変わらず下手で良く分らないですよね?www

ここ、一応、左上の池に裏山の水が流れ込み、オーバーフローした水が

右の大きな木の周りを流れ下の小池に入り排水管に落ちるといったシステムの

ようでしたが、木の周りのグランドカバーは無くなり、土が流れ落ち、

川は埋まり、敷地は雑草だらけで、池の中は力の強い水生植物が隙間なく埋め尽くし

ゴミも入っていました。

っという事で、一度にやるのは無理ですので、作業工程を分けて進めるようにアドバイス。

まずは、土止めと川の残土出し、池の中の植物の間引きとゴミ出しです。

現調に行った時にも、生徒さんたちとヤゴの抜け殻など発見できました。

ココはまだ生きてる、皆さんチョットやる気が出ているのを感じました。

っとこんな感じで、予定ではたぶん昨日あたりに第一弾の取り掛かりをしているのかな?

っとどう進んだか気になっている今日このごろですね~

しかし、流れ、水、生物といった物を、人工的であっても身近に感じられるのは

ステキですね~(*^_^*)

「先生、生徒さん、また見せていただきに行きますので、頑張ってくださいね~」

しかし、こういった人工的な自然環境、制作するには、人工だからこそ、

理想の水辺を作れるメリットもありますしネ。

こういった、自然環境を取り入れたお庭のプランも

相談にのりますので、興味のあるかたはぜひ(*^^)v

っと、今回はビオトープをもう一度・・・のアドバイスに伺わせていただいています

紹介でした~。

今後が楽しみですね、また報告させていただきま~す。

 

 

 

 

楓林庭 岐阜県多治見市
楓林庭のHPはこちら にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 多治見情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
にほんブログ村