こんばんは、おやじです。

今回、水琴屈の音が鳴らなくなったから見てほしいとのご依頼でした

何時の日か水が排水出来なく瓶の入り口まで溜まった状態になっていました。

しかし、どう考えても水琴屈の設置場所が敷地ないでも一番低い位置にあり

構造上排水が困難が予想できます。

ですがご依頼主様はどうしても代々継承されてきていることに重要性を持たれて

いますので、なんとか対応をさせていただきます。

こんな感じで水がついています。

始めに海のごろた石を取り除き

未知の世界に進みます。

慎重にモルタルをはつっていきます。

おや、瓶の回りは空洞です。

弊社の施工方法と違いがあります。

こういう施工もあるんだと感心。

スラブを取り除いた状態です。

この写真、瓶から手が出て来ているみたいですね、オカルト写真ではありませぬ。

今回は中庭で重機が入れませんので人力なのでチェーンブロックの登場です。

これでも1.5トン吊り上げる事できるのですよ。

カラカラと瓶を引き上げます。

本日より水琴屈の修復課程にはいります。

水琴屈 修理 多治見

まずは水琴屈底の溜まり水を排水しなければなりません

しかし、地下の排水性が悪いので自然浸透とは

行きませんので別に排水させなければなりませんが

回りは建物に囲まれ何処にも逃がす事ができません。

自然勾配で排水しようとすると莫大な工事になります

そこで今回はサイホンを利用して

一時枡を設置します。

そこまではサイホンにより排水されますので

枡を設置する穴を手掘りでひたすら掘ります。

幸いにも砂地の土壌で作業性は良く根気良く掘ります。

水琴屈 修理 多治見

途中で出没した大きな石も足場として

利用します。

水琴屈の隣に大きな穴が掘れました。

水琴屈 補修

楓林庭 岐阜県多治見市 にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 住まいブログ 石・タイル・レンガへ にほんブログ村 花ブログへ
楓林庭のHPはこちら にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村